次世代につなげる未来の環境づくりを目指すキャッツの太陽光発電サービス

太陽光発電サービス

太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電は、土地や建物に設置したソーラーパネルで太陽の光を電力に変換し、設定された価格で既存の電力会社へ売電するというものです。

日本のエネルギー自給率が6.0%という低い水準の現実を踏まえ、エネルギー自給率向上を目的とした再生可能エネルギー事業に関連する制度が2012年からスタートしました。

これを「固定価格買い取り制度(FIT)」といい、発電した電気を電力会社が一定価格で買い取るもので、高いコストのソーラーパネル設備導入を支えつつ、国内における再生可能エネルギーの拡大を図っています。

太陽光発電導入の3つのメリット

  • 高利回り・安定収入を20年間保証
  • 優遇税制を活用できる
  • 自己資金0でも始められる

詳しくはこちら

普通の住宅を「エネルギーを生み出す省エネ住宅」へ

家計と地球環境に優しい「未来の暮らしの理想型」、それがスマートハウスです。太陽光発電システムや蓄電池などを導入し、IT管理と省エネを軸とした快適な暮らしを実現します。

当社では、ご家族のご要望やライフプラン、生活環境にマッチした住まいをプロデュース。
新築だけでなく、すでに暮らしているご自宅に省エネシステムを取り入れて
より快適な住まいへシフトする「スマートハウス リノベーション」をご提案しています。

  また、駐車スペースの有効活用法として、カーポート一体型太陽光発電システム「ソーラースペース」を導入される方が増えてきました。住宅だけでなく、駐車スペースにもソーラーパネルを導入することでより効率的にエネルギーを生み出すことが可能になります。

スマートハウス リノベーションの3つのメリット

  • 光熱費を削減できて家計に優しい
  • 省エネ効果で地球環境に配慮
  • 非常時でも蓄電を利用できる

詳しくはこちら

休耕地や遊休地を「価値を生み出す土地」に変えてみませんか?

太陽光発電は、ソーラーパネルを土地や建物に設置して太陽の光を電力に変換し、設定された価格で既存の電力会社へ売電するという仕組みです。

2012年度よりスタートした「固定価格買い取り制度(FIT)」により、ソーラーパネルを導入し、休耕地などの眠っている土地を有効活用する投資方法として「太陽光発電」が注目されています。

当社では、土地活用で悩む方にソーラーパネル設備の導入した太陽光発電事業をご提案しています。国の制度を利用するため「安定収益」を長期間にわたって確保できる、魅力的な資産運用になります。発電中の保守・管理は当社にお任せください。

「所有する土地の有効的な活用方法に困っている」
「使わなくなった農地を安定した活用法で利益に変えたい」

このようなお悩みをもつ方はぜひご相談ください。

あなたがお持ちの土地を「未来の資産」を生む価値ある土地にしませんか?

日本は、もっとハッピーに住める。1975年創業のキャッツは、若いパワーとセンスを募集中です。

~キャッツの事をもっと知りたい方へ~ キャッツブランド

  • STAFF BLOG
  • CRS(キャッツの社会貢献)
  • FAQ
  • 新着情報