エネルギーを効率的に使う理想の暮らしを実現するスマートハウス リノベーション

スマートハウスリノベーション

スマートハウスリノベーション

スマートハウス リノベーションの3つのメリット

光熱費を削減できて家計に優しい

システム管理によって使用電力を可視化することによって、エネルギーのムダ使いをしないようにする意識が働きます。スマートハウスを導入する前よりも家族みんなが節電に協力的になり、光熱費の削減につながります。

省エネ効果で地球環境に配慮

電気を消費するだけだった住まいとスマートハウスとの違いは、エネルギーを「創る」「貯める」ことが可能になる点です。蓄電池や太陽光発電などで、創った電気をなるべく自宅で使い、エネルギーの消費を抑えます。住宅内でエネルギーを循環させる仕組みのスマートハウスは省エネに効果的です。

非常時でも蓄電を利用できる

太陽光発電システムで創った電気を「リチウムイオン蓄電システム」で昼に蓄電し、夜に使うことができます。災害発生時には、貯めた電力で照明やコンセントなどが使えるので安心です。非常時に必要な家電や電子機器に蓄電池を接続しておくことで、停電が起きたときもそれらを使用することができます(最大1500w)。

エネルギーを創り、蓄え、効率的に使う理想の暮らし

スマートハウスは、ITで電気やソーラーエネルギーを管理・利用する住まいのことです。自宅で「発電」「節電」「蓄電」ができるためエネルギー利用のムダを省き、賢く使って快適な暮らしを実現します。家計にも環境にも優しいのが特徴です。

  家族が暮らすマイホームで、消費電力や自家発電を「見える化」することで、効率よくエネルギーを配分して使用し快適な生活を実現します。スマートハウスは、スマートフォンやタブレットといったデジタルデバイスでエネルギー使用量を把握して、省エネに活かしています。

  住まいの使用電力を見える化するシステムがHEMS(Home Energy Management Systemの略)です。家族が使う電力がリアルタイムで見えるので、ムダを省き、節電効果が期待できます。さらに太陽光発電で創るエネルギーを暮らしで使い、消費電力をゼロにするZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略)というシステムを導入する注文住宅が増加しています。

キャッツのリノベーションプランは新築・既築を問わず対応可能

「スマートハウスは新築時に導入したいとダメなのでは?」「築10年経っているけど、これからスマートハウスにすることができるのかな……」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。スマートハウスは新築だけのものではありません。現在お住まいの住宅に、最新設備を導入することが可能です。当社では、お客様に最適な提案をご用意しています。

  ライフプランや住宅環境、家族構成などを踏まえ、お客様に最適な設備導入、そして保守メンテナンスまでトータルでご提案します。

節電効果が期待できるキャッツの最新設備

株式会社キャッツでは、エコと経済性を両立させる住まい「スマートハウス」へのリノベーションを提案しています。太陽光発電システムはスマートハウスの軸となるもので、電気エネルギーを創り出し節電効果をもたらします。太陽光発電、リチウムイオン蓄電システム、ソーラースペースといった設備でエネルギーを上手に利用するスマートハウスで、地球環境にも家計にも優しい理想の暮らしを実現しましょう。お住まいのリノベーションをご希望でしたら、ぜひお問い合わせください。

ソーラースペースの3つの特徴

POINT01
圧倒的な発電量で家計を助ける

1世帯当たりの月平均電気使用量は439kwh(※1)で、これを年間の使用量で計算すると5268 kwhになります。弊社が取り扱うソーラースペースの年間発電量は8557kwhと、家族が必要とする1年間の電気使用量をまかなえるほどの高い発電力をもっています。

太陽電池出力 年間発電量
弊社 7.2 kw 8557kwh(※3)
他社 2.8~4.6kw(※2) 4163 kwh(※3)
  • ※1 出典:総務省統計局「家計調査」
  • ※2 当社調べ2017年8月現在
  • ※3 埼玉県さいたま市、真南エリアで試算
POINT02
売電で設備の返済額を0円にすることも可能

ソーラースペースで作られた電気は、固定価格買取制度を利用して電力会社へ売ることができます。さらに毎日の発電によって生活で使う消費電力をまかなうことができるので、売電金額と太陽光発電でまかなえる電気によって浮いたお金で設置費用を実質0円にすることが可能になります。(※)


※太陽光発電による収益を活用し、10~20年間の制度期間内で設置費用の返済額0円を目指します。ソーラースペース購入価格、ローン返済自体が0円になることではありません

POINT03
メーカー保証・災害補償も標準装備

品質・システム保証10年、災害補償10年、出力保証25年と充実した制度でお客様の不安をとりのぞき、長期間に渡って安心してご利用いただけます。

災害時に役立つ蓄電システムでライフラインを確保

電気を蓄える「リチウムイオン蓄電システム」は、蓄電した電力を災害時にバックアップ用電源として使用でき、停電などが起きたときに大きな力を発揮します。太陽光発電と組み合わせることで、より節電効果を生み出すことができます。

日本は、もっとハッピーに住める。1975年創業のキャッツは、若いパワーとセンスを募集中です。

~キャッツの事をもっと知りたい方へ~ キャッツブランド

  • STAFF BLOG
  • CRS(キャッツの社会貢献)
  • FAQ
  • 新着情報