人の暮らしと健康を支えるキャッツの住宅向けサービス

床下環境

床下環境は住まいを支える最も重要となる部分。
キャッツでは人と住まいの健康と快適さを守るべく、大きく分け「シロアリ」「湿気」「防腐・防カビ」の対策を行っております。
豊富な実績と確かな技術で大事な住まいの床下環境を守ります。

  • シロアリ対策
  • 湿気対策
  • 防腐・防カビ対策

住まいの床下環境を守る/01 シロアリ対策

シロアリ対策の必要性

分かりにくい被害。気付く頃には大変な事に!

シロアリは群飛、土中の2つの移動方法で、床下から侵入し被害を広め、家の耐久性を低下させます。
床や柱などが食害され、柱の傾き、床の軋み、浮き等が発生し、台風や地震の際に思わぬ被害を受ける可能性があり大変危険です。

シロアリ対策

キャッツのシロアリ対策

使用する薬剤・機材や技法は常に最先端

あらゆる薬剤や器材、技法は常に最先端のものを厳選し、導入しています。
薬剤については、5年間の持続効果が得られ、かつ環境負荷の少ない安全なものを選択しています。
さらに、環境科学研究所の研究成果とこれまでの経験を活かし、シロアリの習性を熟知した施工を行うことで、薬剤の使用量を必要最小限に留めるように
努めています。

施工の基本的な流れ

  • 1.被害状況確認・床下木片除去
  • 2.建物周辺の調査
  • 3.床下木部及び土壌処理
  • 4.床上木部及びコンクリート処理

住まいの床下環境を守る/02 湿気対策

湿気対策の必要性

高い湿気=結露の発生=家屋強度の低下。

・湿気は、季節に関係なく、1年を通じて発生します。
・湿度が高くなると、結露が発生しやすくなります。
・表面的に見える結露はそれほど問題ではありません。心配なのは、床下・壁の中・天井裏など、普段目に見えない住まいの内部の結露です。

湿気対策

キャッツの湿気対策

「住まいを調湿する」という考え方で環境を考えた安全性の高い最新の技術で住まいの湿気

キャッツの湿気対策は、教育で培われたオペレーション技術と研究に裏うちされた換気システム・高機能調湿材で、床下環境を改善します。
木材の強度を低下させるとともに、木材腐朽の原因となる木材の含水率を「キャッツファン コーナー」及び「キャッツファン スマート」、
「キャッツドライ」の組み合わせにより、床下空間の調湿を行い、木材の含水率を低減します。

  • キャッツファン コーナー
  • キャッツファン スマート
  • キャッツドライ

住まいの床下環境を守る/03 防腐・防カビ対策

防腐・防カビ対策の必要性

住まいの寿命を縮め、快適な環境を奪われてしまいます。

お住まいに発生する木材腐朽菌は、家屋の強度を弱め、住まいの寿命を縮めます。
また、カビは快適なお住まいの環境を妨げます。お住まいの快適な環境、ご家族の健康を守るため、住まいの木材腐朽菌・カビについてきちんと理解し、
その対策を考えましょう。 キャッツは、環境を考えた安全性の高い最新の技術で木材腐朽菌・カビの繁殖を抑制します。

腐朽菌は、条件が揃えば胞子を盛んに出して繁殖します 温度・水分・空気・栄養分(木材)が一定条件を満たす事で活性化します 現代建築における構造的な問題で湿気がこもりやすい場合があります カビはしっかり根(菌糸)をおろしており、安易に取り除く事はできません

キャッツの防腐・防カビ対策

腐朽菌やカビ対策は、何より被害が発生する前に処理をする行うことです。

ガーディアン乳剤を吹き付け処理を行う事で腐朽菌やカビ対策をとります。

キャッツの防腐・防カビ対策

使用薬剤

・使用薬剤:ガーディアン乳剤(木材加工剤/木材防腐・防カビ剤)
・有効成分:IPBC 20%(W/W)含有 有機ヨウ素系化合物
・消防法:原液/危険物第4類第3石油類 希釈後普通物
・毒劇物法:該当しない
・希釈方法:20倍希釈(IPBC1.0%/水又はバックトップMC希釈液にて希釈)
・処理方法:床下木部表面に対し、1㎡辺り300ml~400mlの薬剤量を吹き付ける(薬剤が垂れ落ちる程度)
・効果:薬剤の付着した胞子及び分性胞子柄は損なわれ、繁殖活動が停止し、時間が経過していくなかで枯死する。
・残効性:約5年間(結露の発生など、水分が多い床下環境下は約3年間)

ちょっとしたリフォームから床下環境、リノベーションまでマイホームの状態とお客様のご要望にあわせてご提案します 0120-86-6464キャッツホームケア電話お問い合わせ ネットでのお問い合わせはこちら

日本は、もっとハッピーに住める。1975年創業のキャッツは、若いパワーとセンスを募集中です。

~キャッツの事をもっと知りたい方へ~ キャッツブランド

  • STAFF BLOG
  • CRS(キャッツの社会貢献)
  • FAQ
  • 新着情報